ニキビと漢方

更新日:4月15日

マスクを着用する機会が増え、ニキビや吹き出物に悩まされる方も増えました。


20歳を過ぎたら「ニキビ」→「吹き出物」へと名称が変わる!なんて聞いた事があるかと思いますが、医学的には同じ尋常性ざ瘡と呼びます。

では何故呼び方が変わると言われる様になったのか。それは同じ皮膚のお悩みでも原因が違うからなのです。



■10代20代の原因

ホルモンの分泌が行われる様になるこのお年頃。毛穴の中からの皮脂の分泌も盛んになります。

そして過剰に分泌される皮脂が毛穴を詰まらせ、そこでニキビ菌と呼ばれるプロピオニバクテリウム アクネス増え炎症が起こるのです。


中医学ではホルモン=腎(じん)の働きと捉える為、腎の働きを助けるものを使ったり、皮膚の炎症を抑えたり清潔を保つものを使います。



■30代以降の原因

吹き出物の原因は上記と同じく毛穴の詰まりと菌の繁殖ですが、この年齢になると肌のターンオーバーの乱れにより毛穴が塞がれて吹き出物となる方が多くいます。

汗をかきづらい体質の方や肌の表面の潤いが足りない方などは毛穴が塞がりやすく吹き出物ができやすくなります。


肌の呼吸を整える漢方薬や潤いを足したり、肌の先端まで栄養を届ける助けとなるものを使います。




赤ニキビ白ニキビ黄ニキビ

・赤いニキビは炎症が強いため、炎症を抑える漢方薬を使う事が多いです。

・白ニキビは赤ニキビの前段階とも言われますが、毛穴が塞がり中で皮脂が溜まっています。皮膚の呼吸や代謝をあげる事で防ぐ事ができます。

・黄色ニキビは炎症があり膿が溜まっていますが、中医学的にはストレスや食べ過ぎなどで胃腸に負担がかかると起こりやすい状態です。

皮膚の清潔を保つことも大事ですが、生活習慣、食生活が重要になってきます。




30代以降で吹き出物にお悩みの方は脂っこいものの摂取や甘いものは、症状が強い時期は控えましょう。

10代20代の方もそうですが、夜は腎の働きを上げるのに適した時間帯です。

夜更かしせず日を跨ぐ前にお布団に入りましょう。



◇よく使う漢方薬◇

竜胆瀉肝湯

清上防風湯

温清飲

荊芥連翹湯

消風散

など


◇おすすめのケア用品◇

リスブラン化粧品 ノンEシリーズ

資生堂 イハダシリーズ

など




お問合せ・購入検討は→漢方相談ページ下部のフォームから

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

赤くただれたり、発疹や水疱などができ痒みも起こる辛い症状です。 下着や生理用品でのかぶれ、感染症、アトピー性皮膚炎が原因にあげられます。 中医学的に、赤く痒みが強い・じゅくじゅくする症状は"湿熱"といって余分な湿気が溜まり熱を帯びてしまう症状です。 また、その熱が津液(必要な潤い、水分)を消耗してしまうと皮膚が乾燥したり喉が渇いたりという症状も現れます。 おりものチェックで病気を疑う 食・生活習慣

アトピー性皮膚炎は痒みのある湿疹が、良くなったり悪くなったりを繰り返す辛い症状です。 乾燥やさまざまな刺激に対して皮膚のバリア機能が低下していたり、炎症を起こしやすい体質の方に多く見られます。 ■皮膚が弱い、刺激に敏感: 中医学では体表のバリア機能である”衛気、益気”の機能を高める漢方薬を使います。 また皮膚と腸は表裏関係といい、関係が深いと考えられます。 そのため消化器官である脾の働きを助けるも